僕らを悩ませる薄毛は発毛治療で改善【毛抜けとおさらば】

医者と看護師

自分でも知ろう

錠剤

薄毛の状態を引き起こしてしまう脱毛症。その脱毛症にはどのようなものがあるのでしょう。ここでは、脱毛症の種類についてご紹介していきます。脱毛症に悩んでいる人はもちろんのこと、脱毛症かもしれないと少し気になっている人は、自分のタイプや状態を判断するための参考にしてみてください。
脱毛症の種類にはさまざまなものがありますが、そのなかでもまず紹介したいのが粃糠性(ひこうせい)脱毛症です。粃糠性脱毛症とは、頭皮に汚れやフケなどが溜まってしまうことにより起こる脱毛症で、脱毛だけでなくかゆみも発生させてしまいます。

次に、AGAがあります。AGAとはストレスや男性ホルモンの異常などが原因となって発症してしまう脱毛症で、抜け方のタイプが「M型」、「A型」、「O型」と3つあります。
まずM型は、比較的白人の人に多いタイプの脱毛タイプとされており、こめかみ部分から髪の毛が抜けていくことが特徴です。その形がMに見えることから、M型といわれています。
頭のなかでも一番目に入りやすい額の上部分は何ともないため、初期段階では気づかない人も多いとされています。
A型脱毛は、M型とは逆で額の上部分にある髪の毛が徐々に抜けていくことが特徴です。
進行していくうちに横へも範囲が広がっていくこの脱毛タイプは、傾向としては東洋人に多いようです。
O型のAGAは、頭頂部から髪の毛が抜けていってしまうタイプの脱毛症となっています。
進行していくと徐々に触った感じでも分かるため気づくのですが、最初の段階ではM型脱毛症と同様自分で気づくことは少ないようです。
その理由としては、鏡で見る場合頭頂部の部分は映らないため、異変に気づきにくいという点があります。

ほかにも、脱毛症には円形脱毛症があります。部分的に脱毛が生じてしまう脱毛症で、円形脱毛症は日頃抱えているストレスなどが原因と起こるなどともいわれています。
脱毛が起きてしまう範囲は人によってさまざまで、比較的範囲の小さい脱毛が複数箇所に生じている人もいれば、大きめの円形脱毛が生じてしまう人もいます。
このように、脱毛症にはさまざまな種類があります。しかし、これらの脱毛は発毛治療を行なっているクリニックに行けば治療してもらうことができます。クリニックのなかには、AGA治療専門クリニックといったように特定の脱毛症の発毛治療を行なっているクリニックもあります。こういったクリニックに行けば、より専門的に治療を行ってもらえるため、効果的に改善させることができるでしょう。
そのため、脱毛症のことが気になる人は発毛治療を受けてみることも考えてみると良いでしょう。