僕らを悩ませる薄毛は発毛治療で改善【毛抜けとおさらば】

医者と看護師

要因を知り根本的な改善を

悩む男性

「若い頃は何ともなかったけれど、年齢を重ねてきた今、髪の毛の抜けが多い……」男性のなかには、こうして頭皮に違和感を感じている人もいるでしょう。そういった人が疑うべき症状として、脱毛症が挙げられます。多くの人が一度は耳にしたことがある脱毛症という症状ですが、これらはさまざまな要因から起こると考えられています。なかでも男性が発症しやすい脱毛症が、AGA。では、このAGAは、一体どのような原因から起こるのでしょう。

AGAが起こる原因の一つには、ストレスがあります。「病は気から」ともいわれるように、さまざまな病気や症状を引き起こす要因になってしまうストレス。こういったストレスは、頭皮にも少なからず悪い影響を与えてしまうのです。ストレスが頭皮に与えてしまう影響としては、血行不良が挙げられます。ストレスが溜まってしまうと、体のなかで重要な働きをしている自律神経という神経の働きが乱れてしまいます。この自律神経が乱れてしまうと、血管が縮こまってしまい、血液の流れが悪くなってしまうのです。これにより、頭皮を含め体の隅々まで血液が行き届かなくなってしまうため、体にきちんと栄養が回らなくなってしまうのです。
頭皮に栄養や酸素が行き届かなくなってしまうと、細胞も正常に活動できなくなってしまうため、髪の毛が抜けやすくなり、生えにくくなってしまうのです。

AGAが起こる原因の2つめには、男性ホルモンの影響が挙げられます。男性ホルモンが正常に分泌されていないと、髪の毛は徐々に弱くなってしまい、ヘアサイクルの周期を短くしてしまうDHTという物質を生み出してしまいます。こうなってしまうと悪いサイクルばかりが続いてしまい、新しく髪の毛が生えてくるよりも抜ける髪の毛の方が多い状態となるのです。
AGAによって薄毛になってしまった人の頭皮には、実際このDHTという物質が多く存在していることが分かっています。

また、AGAを引き起こしてしまう要因には、遺伝的要素もあります。家系に薄毛の人がいた場合、その子孫も薄毛になってしまう遺伝子を引き継いでいるということもあります。こうした遺伝的要素により脱毛症が発生してしまった場合、「根本的に解決できないためもうどうにもできないのでは」と感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、必ずしも遺伝的要素だけで起こるのではなく、上記で挙げたような男性ホルモンの異常や日々のストレスなどと相まって脱毛の症状が出ることもあります。そのため、遺伝だけで脱毛が起きてしまうとはいいきれないのですが、こういった起こりうる原因を知っておくことにより自分の脱毛の原因を知ることができるでしょう。

脱毛症を発症してしまったとしても、発毛治療を行なっている専門のクリニックへ受診すれば、薄毛を治療することができます。発毛治療には複数の治療方法があり、カウンセリングで自分に合った方法を選ぶことができるため、効果と自分の支払える金額などを考慮しながら最もよい治療方法を行なうことが可能です。今現在脱毛症に悩んでいる人、または脱毛症かもしれないと疑っている人は、発毛治療を行なっている専門的なクリニックで一度診てもらうとよいでしょう。