僕らを悩ませる薄毛は発毛治療で改善【毛抜けとおさらば】

医者と看護師

知りたい病院あれこれ

水と錠剤

薄毛の治療をしようと考えている人のなかには、1回の治療にかかる時間が気になる人もいるでしょう。
行なう治療やかかりつけのクリニックによってその時間は少し異なりますが、大体1時間以内には治療が終わるとされています。これは電気穿孔法などの治療を行なった場合の時間であり、内服薬だけの処方で治療を進めている場合なら、もっと早い時間で1回の受診を終えることができます。
治療を進めていく際に定期的に行なわれる診察では、頭皮の写真撮影が行なわれますが、これにもさほど時間はかからないため、治療にそこまで時間をかけられないという人でも安心して薄毛を改善させることができます。

薄毛は中年男性だけがなるものではありません。20代、30代という若い年代でも脱毛症になり、薄毛が目立ってしまう人もいます。それは10代も例外ではなく、なかにはまだ成人していない未成年の人が薄毛治療を希望する場合もあります。しかし、発毛治療を行なっている専門クリニックで扱っている薬などは、成人向けのものであるため、未成年に処方しないというクリニックもあります。そのため、薄毛に悩んでいても未成年である場合には、発毛治療クリニックで治療を行なうことはできません。
そのため、治療を受けたいと考えている場合は、20歳になってから行なうようにしましょう。

発毛治療クリニックでは、治療を始める前に血液検査が行なわれます。その理由としては、あらかじめPSA値という値を知っておくためという点があります。AGAなどの治療では、治療を進めていくうちにこのPSA値が下がることがある場合があります。PSA値とは前立腺に関する病気などとも関わりがあるため、きちんと測定をしていなければ前立腺の病気があると疑われてしまう可能性があります。そのため、事前にもともとのPSA値を測定しておくのです。